« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月26日 (木)

12月のライブ情報です。

Dscn7817mini

■2009年12月13日(日)北九州木屋瀬 peer spaceのーてぃす

出演:伊藤怪詞・やないけい

時間15:30~※ワンドリンクオーダー制※築100年以上の古民家で、ふた月に一度の定期ライブです(第2日曜日開催)。

北九州市八幡西区木屋瀬 4-11-5 

TEL / FAX  093-617-9977 

http://www.k5.dion.ne.jp/~notice

■2009年12月19日(土)湯田温泉Organ´s Melody

山口最中企画

時間:18時OPEN

出演:LILY・山口最中・やないけい 

料金:\1500(要drink別)

佐々木匡士さんのインドカリー発売。

オルガンズメロディ:山口県山口市湯田温泉3-7-70-organ‘s Melody2F TEL 083-923-8383 http://www.h7.dion.ne.jp/~nowave/organ.html

Dscn7810mini寒くてひっつき猫。

今週末土曜日は、折尾の往猫亭である「三丁目雑貨店」に寄って、夜は春日市でアルゼンチンタンゴとワインのイベントのうちあげでライブです。今月はシークレットなライブが多かったです。

| | コメント (0)

2009年11月16日 (月)

沼スタジオ

Dscn7733mini Dscn7739mini Dscn7743mini Dscn7747mini Dscn7749mini

二-ル☆UMA(やないけい加入バンド)はレコーディング中です。

| | コメント (0)

2009年11月15日 (日)

オレンジ

Dscn7683mini_2 Dscn7689mini_2 Dscn7691mini_2 Dscn7694mini_2 Dscn7698mini_2

| | コメント (1)

2009年11月10日 (火)

ひょうたん島ラプソディー*後編

Dscn7596mini_2

ここは福岡の博多湾に浮かぶひょうたん形の能古島。

そして島の高台で催されている宴の風景。

Dscn7539mini_2 Dscn7541mini_3司会のとんちピクルスさんwww.myspace.com/tonchipicklesDscn7548mini   Dscn7547mini_2

そしてやないけいwww.myspace.com/yanaikeiyanaikei

Dscn7531mini_3 Dscn7584mini_2 Dscn7597

 

モダ-ン今夜のおふたりhttp://www.myspace.com/modernconyaDscn7588mini

Dscn7608mini 浅羽さん、やちよさん、ご結婚おめでとうございます!

またおもしろいことしましょう!

浅羽さんブログ「能古島の歩き方」http://nocorita.exblog.jp/ ウィローHPhttp://www.monjayaki.com/willow/w_top.htm

| | コメント (0)

2009年11月 9日 (月)

ひょうたん島ラプソディー*前編

Dscn7457mini_3 PM:10:15頃、島に上陸。

待っていてくれた軽トラの荷台に乗り込みnoconico cafeのシバッさん夫婦の家へ荷物を置きに。その後、浅羽邸へ。

遠方から前乗りして集まっている明日の宴の出席者&出演者で晩御飯。

Dscn7459mini

AM2:00頃、おひらきにしてh久し振りのシバタ家へ。

泊まらせていただく。

Dscn7470mini_3 AM3:30頃、就寝。Dscn7472mini

 そして翌朝。気持ちのよい目覚め。

天気に恵まれ、暑いくらいのお日和。

Dscn7482mini

Dscn7478mini

10:00頃、軽トラで会場の能古島アイランドパークへ。荷物運び、設営など、わいわい準備のお手伝い。Dscn7504mni

Dscn7510mni Dscn7508mni

すべてが整った、PM3:30。

Dscn7513mini

本日の主役のふたり登場です。パチパチパチ。

Dscn7520mini

後編へつづく。

   

| | コメント (0)

2009年11月 6日 (金)

船
今から島へ渡ります。

| | コメント (0)

2009年11月 1日 (日)

僕の眼鏡をかける人⑨

Dscn2806mni Dscn7198mini 065mini_3

Dscn7236mini

002mini_2

Dscn7235mini_2  ※この眼鏡は何度も何度も見本を作成し、改良し、考察してつくられたやないけいの特注品であり、趣味であり、宝物であり、どこにも売ってないので自分が作るしかなかったものである。

左上にあるカテゴリーの中の「めがね」を押すとこれまでの眼鏡の人たちがいっきに見れます。

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »